腕はない!上手じゃないけど釣ってやる!その他趣味

久礼アオリイカ7.23釣果



涼しい時間帯の朝マヅメ後、太陽が昇り気温が上昇する中


サイズは小さいが夏のアオリイカ


P_20170723_052035 (360x640)


昼前には実釣終了。刺身とイカ墨パスタで美味しくいただきました。

久礼エギング2017



7月夜、立っているだけで汗ばむ季節。厄介なのは虫。海とはいえ蚊は容赦なく体にまとわりつきてくる。


家を出る前に虫よけスプレーをするのを忘れ蚊にとっては格好の餌食が竿を振って突っ立っている。


そんな餌食は久礼のテトラで久しぶりのエギングをした。


P_20170721_211524 (640x360)


写真の通り足元は真っ暗。長年波に打ち付けられ不規則になったテトラを渡るのも命がけ。


P_20170721_224004 (360x640)


ポイントを変えながら何度もエギを投げたがこの日の釣果は0杯だった。



初めてのヤエン釣り



師匠なんていない。


釣れる割合が初心者で4割ほど。


ネットに上がっているヤエン釣りの動画を見て勉強する。


ヨシッ!基本は学んだ。


ヤエン釣り初挑戦。


活きアジを釣り具屋で購入。
P_20170616_202947 (360x640)

この日のためにエアーポンプも入手。




もちろんヤエン釣りに必要なヤエン(野猿)も。

P_20170705_091223 (360x640)



いざ、アオリイカを求め。


ってそんなに甘くなっかった。


P_20170701_203940 (360x640)


アタリは3回あったが釣りあげられず、全打席ノーヒット。


ヤエン釣りは難しい。

spulsj(スーパーウルトラショアジギング)








こいつを使い30分の実釣スタート


この日は大潮でポイントも川のように潮が流れ重めの10gのジグを使用した。


10gで重めとは表現が大袈裟に聞こえるが、このポイントでの10gは重いと言う言葉を表現をしなくてはならない。


というのも、軽すぎると潮に流されジグは泳がない。重すぎては海の底の障害物にジグの針が引っかかってしまう。


そう、今日は10gが丁度重く扱いやすいジグなのだ。


仕掛け投入しボトム(底取り)着底後、少し早めのリトリーブ(ただ巻き)する。表層までジグが浮き始めたころ竿先をひったくる様なアタリ


ジグを食ったのはワカシ(ぶりの子供)15㎝ぐらいだった。


サイズは小さいがジグで釣れたことは久しくない嬉しさだった。


P_20170527_180338 (1) (800x450)


ラインを巻き替いざ久礼へ



2月以降釣りに行く機会がなく久しぶりに釣具屋へ足を運ぶ。長く使っていなかったリールに巻かれている傷んだラインを巻き替えるべく新しいラインを購入。


P_20170511_212534 (800x450)


今回購入したラインは、シマノラリッサと色がいい感じにマッチしている。


P_20170511_212517 (800x450)


5月13日は前日からの雨が降り続きお昼前まで雨は止まなかった。


水温も高く撒き餌を撒くとサバゴが水面を割るように群がる。仕掛投入時に一瞬でサシエに食いついてくる。


正直、一投目からこいつたちの相手をすると思うと時間の無駄使いだ。


2時間粘った結果サバゴに大苦戦し30cmもないチヌが1匹釣れただけだった。

P_20170513_062706 (800x450)


次のページ

FC2Ad

まとめ